Business

事業内容

豊富な現場経験情報技術に関する最新の知識を結集して、多様化する測量ニーズに応えます。

従来、地上測量は、角度・距離・高さ測定による基準点測量と基本的な地形図面作成を主な目的として、公共事業などへの基礎資料を提供する役割を担ってきました。近年の測量技術の急速な進展は、測量成果のディジタル化を確実に実現させました。これによって、地上測量も、従来からの測量技術に加えて、土地利用計画、災害・環境対策など、よりよい環境を実現するための国土基盤情報としてきわめて重要な位置を占めるようになっています。
当社ではGPS測量機、トータルステーション、TS連動電子平板、自動製図機など最新鋭機器を整備するとともに、地上測量などにより培われた測量技術者としての豊富な現場経験と情報技術に関する最新の知識を結集して、多様化する測量ニーズに応えるため日々技術の向上を目指しています。

[ 業務内容 ]

基準点測量、水準測量、現況測量、境界確定測量、境界復元測量、地形測量、路線測量、深浅測量、用地測量

  • TS観測
    TS観測
  • GNSS観測
    GNSS観測
  • 深浅測量
    深浅測量
  • 社内作業状況
    社内作業状況

[ 補償コンサルタント ]

公共事業の円滑な執行をおこなうためには、用意周到で適正な現場状況の把握や資産評価が必要不可欠となります。また、工事に影響を受ける周辺の建物や財物などへの補償問題に対しても、的確な対応が重要となります。
このように、現下の社会資本整備の質的大転換期においては、補償調査の占める割合は、従来にも増して重要かつ厳しいものになっています。
当社では、土地調査部門、物件部門の補償コンサルタント登録をおこなっており、「総合建設コンサルタント」としての各種専門的知識と経験を踏まえ、迅速かつ的確な対応を基本理念として補償調査に取り組んでいます。

測量の事例を見る

人と自然が共存できるような施設計画の取り組みに努力しています。

公共事業は、近年の厳しい財政事情のなか、また、少子高齢化社会の到来などを背景として、工事コストの縮減やライフサイクルコストの低減、省人化・省力化などの技術開発が強く求められ、実用されるようになってきました。また、阪神大震災・東日本大震災を契機とした耐震設計基準の改訂や性能照査型基準への対応等、当社では積極的に技術講習会や現場見学会に参加し、技術の研鑚に努めています。

[ 業務内容 ]

河川砂防設計、河川全体計画、内水解析、砂防堰堤、可動堰、渓流保全計画、不等流解析、道路設計 路線計画、交差点計画、バリアフリー計画、交通量推計、道路事業評価、公園設計、緑地整備設計、造成設計、法面保護、法令に基づく申請、構造設計、橋梁・擁壁・可動堰・ボックスカルバート等の構造物設計、コンクリート・鋼構造物の劣化対策、耐震補強対策、既設構造物の劣化度調査、配筋調査、港湾及び海岸設計、防波堤・護岸・係留施設・埋め立て等の施設コンクリート構造物設計、鋼管杭等の補修設計既設構造物の劣化度調査、配筋調査

  • 社内作業状況
    社内作業状況
  • 橋梁設計
    橋梁設計
  • 海岸保全設計
    海岸保全設計

土木・設計の事例を見る


Page
top